老健では必要な看護の知識


老健は、介護施設の中でも一番医療に近い施設になります(´・Д・)」 ドクターが常勤していて、ナースの人数も多く、内服薬も施設で処方しています。 ですから、軽度の体調不良は施設内で対応しますし、施設によっては、看取りの対応をしているところもあります。 とはいえ、基本的には疾患を持っていても慢性期であったり、体調の安定した方が対象の施設ですから、病院ほどの医療行為はありません。 老健では、健康な状態の維持に努め、異常の早期発見、早期対応が求められますから、幅広く知識を求められますね(^o^) たとえば、利用者さんの多くは脳梗塞などの基礎疾患がありますから、再梗塞などのリスクが高くなります。 また、全身の機能が低下していることから、腸閉塞や誤嚥性肺炎などを起こしやすいのも特徴ですね。 そういった疾患に対する知識を学んでおくことで、夜間の体調不良に対応することが出来ますよ(-_^) 老健では、検査や治療のための設備が整っていませんから、場合によっては救急搬送や、病院受診となりますから、その見極めが一番重要で、難しい面でもあります。 夜間はドクターも不在になりますから、利用者さんの体調不良が施設内で対応できるか否かを見極め、対処しなくてはなりません。 病院と違い、看護師も一人とが二人しかしいませんから、自分の知識だけが頼りになりますね(;´Д`A 急変があった時に、慌てないためにもそういった知識を身につけておくことが大事になりますよ。 また、老健に入所する利用者さんの多くは認知症があります。 認知症の利用者さんは、夜間に不穏になりやすいですよね( ;´Д`) ですから、夜間は認知症の利用者さんの対応に追われることも多いのです。 認知症患者さんとの関わり方を学んでおくことも大切ですよd(^_^o)

現在の職場を選んだきっかけと、前職場を辞めたきっかけ

就職先に応募する時、見学に何度か行き、病院の雰囲気、理念、様々なことを調べ、ここでぜひとも働いてみたい、という意欲を持って、応募し、採用されました。 採用時の面接をしてくださった方も、とても好感の持てる素敵な方だったので、印象はとても良かったです。 しかし、外から見えることとは違って、中に入ってから分かることがあって、思った以上に職場は過酷でした。 有休の取得率も低く、看護師チームの協力も今一つでした。 仕事そのものにはとてもやりがいがあるのですが、仕事って、周りの人間関係も大きく左右するものなんですよね。 みんながみんな最善を尽くそうとか、より良い看護を提供しようと思っているわけではなく、看護を、治療を必要としている人間相手なのに、何となく作業のように働く職員と一緒にいると、私の気持ちがどんどん萎えてきました。 改善すれば良いことを、改善するのは面倒だから、労がいるから、と見て見ぬふりもよくあり、自分の中で看護師としての目標も見えなくなり、目標とする先輩看護師もいなくて、退職しました。 そんな中、学生時代にお世話になった先輩が、声をかけてくれました。 先輩が働いている病院が看護師を急募していて、先輩から現場の生の声を聞きました。 病院が持つ理念、給与、福利厚生面、話の中で特に興味をひいたのは、子育てしながら働いている看護師が多いということでした。 家庭と仕事の両立が出来なくて退職した話は山のように聞きますが、ちゃんと離職率の低い職場があるんですよね。 経営側もいろいろと考えているようで、より良い労働環境がより良い看護提供につながっていきますしね。 また、病院内で勉強会を開いたりしていて、それがとても有意義だということでした。 労働条件もそうですが、先輩みたいに働けたら、という目標が出来たことも選んだきっかけです。

ハローワークのメリットとデメリット

仕事探しをすることは、とても労力が必要で、出来るだけ失敗はしたくないし、自分の希望に近い職場と何とか出会いたいと思いますよね。 新聞広告のチラシや求人情報誌、求人情報サイトなど情報源はいろいろあって、出来るだけ良い情報を集めたいと思うと、ハローワークもあります。 昔は“職安”と呼ばれていた、公共職業安定所で、国が所管している職業紹介事業を行う機関なんですが、職業紹介や就職支援サービスを無料でしており、雇用保険に関する手当や助成金の支給、職業訓練のあっせんや職業安定関係の業務などもしています。 ネット社会になって、ハローワークに登録していれば、ハローワークに行かなくても情報を得ることが出来ます。 ハローワークのメリットは、探している方は無料で紹介してもらえるし、相談も出来るし、何よりも求人を出す側も登録が無料なので、手数料が発生しないところにメリットがあります。 会社の大きさに限らず求人が出ていて、公的な機関ということで、トラブルなども相談出来ます。 世の中、いろいろな仕事があるんだなぁと勉強にもなりますし、ハローワークに来ている方達が自分の仲間のような、同士のように思えて、職探しの励みにもなります。 デメリットは、看護師求人は他の職種に比べてとても多いのですが、看護師は専門職で、働く場所も業務内容も本当に様々あります。そんな医療業界の仕事を熟知した相談員がなかなかいないことです。 仕事を探している時は何かと不安になるので、親身に考えてくれる担当者と出会えるかどうかは大きなカギになります。 また、最近需要のある、夜勤専門の看護師や派遣看護師という仕事はちょっと特殊なので、雇用側もハローワークに登録せず、看護師求人情報サービスなどにお願いしている場合があるようです。 ページランク表示 宣伝プログラムGF ショッピングカート サプリメントの選び方 ハピネスリンク EARTH