看護師は結婚や出産などで20?30代の中堅のスタッフが病棟では不足している。ブランク後に復帰しても新しい医療機器、新薬などが増え、仕事についていけずに辞めてしまう方が多い。

介護の仕事に従事している方は、男性がかなり増えていますよね。

 

男性の看護師も増えてきてはいますけど、まだまだ女性の職業です。

 

女性というのは、生涯を通して、自分の思い通りに働き続けるという事は、まずできませんよね。

 

プライベートに合わせて、その都度、働き方を変える必要があります。

 

看護師の仕事というのはとてもハードで不規則ですよね。

 

看護学校を卒業して、ほとんどの方は、常勤看護師として働き始めていると思います。

 

常勤は日勤も夜勤もあって、残業も多く、プライベートを充実させる事は難しいですよね。

 

でも、独身時代は、自分のスタイルで働く事ができるので、どんなに忙しい仕事でも、それがやり甲斐に繋がり、こなす事ができます。

 

しかし、結婚や出産を経験するとどうでしょう?

 

バリバリ働きたいと思う気持ちは、一気に変化するものですよ。

 

家族と仕事を両立さる為に、自分のペースにあった職場に転職する方がほとんどです。

 

職場から離れて、育児に専念するという方も沢山いますよね。

 

そのような選択をした方のほとんどは、子供が成長した時点で、職場に復帰しようと思っていますが、実際にはとても不安があるものなんです。

 

新しい医療機器や、新薬がどんどん増えている医療業界では、たった少しでも職場から離れていると、覚えなくては行けない事が沢山できていしまい、スムーズに仕事に入るのがとても難しくなってしまいます。

 

その為、せっかく復職しても諦めてしまう方も多いんですよね。

 

大規模な病院であれば、ブランク看護師がスムーズに仕事に復帰できるように、支援が整っているところもあります。

 

でも、まだまだ充実していませんよね。

 

それよりも、結婚や出産をしても、仕事を続けられる環境になって欲しいですね。

老健で夜勤単発バイトは可能ですか?老健の経験は全くありませんが、単発での募集があったので迷っています。

給料アップの為のダブルワークや、プライベートを重視したい人に人気があるのが、夜勤の単発バイトです。

 

夜勤の単発バイトは、時給が高いので、月に1回の勤務だけでも数万円稼ぐ事が可能です。

 

しかし、患者さんの名前や顔、疾患など、情報を把握していない状態で夜勤に入るのは、不安もあります。

 

夜勤はスタッフが少なくなりますし、夜間に急変が起きる事も多く、たとえバイトだとしても、常勤と同じ様な関わりをする必要も出てきます。

 

でも、病院ではなく老健の夜勤バイトであれば、楽に仕事に入る事ができます。

 

老健を利用している方は、基本的に体調が安定している方ばかりなので、たとえ基礎疾患を持っていたとしても、医療行為をする事はあまりありません。

 

それに、老健は、医療設備が限られていますから、急変が起きた場合には救急搬送になるんです。

 

老健には介護士も働いていますから、オムツ交換などの介護系の仕事は、介護士が行ってくれます。

 

ですから、肉体的にキツい事もほとんどありません。

 

老健で大変なのは、認知症の方の対応です。

 

高齢者は、認知症を患っている方が沢山います。

 

認知症の症状というのは、夜間に起きる事が多く、暴力や暴言、それに徘徊などで、危険行動を伴う場合があります。

 

いくら危険な行動を取る可能性があると言っても、体を拘束する事はできませんから、スタッフが付き添ったり、見守りを強化する必要があります。

 

老健には病院とは違う大変さがありますが、そのようなトラブルが起きなければ、穏やかな夜を過ごす事ができます。

 

バタバタする事もなく、落ち着いて働く事ができると思います。

 

医療行為が少ない老健は、無理なく働く事ができるので、経験のない方でも問題ありません。

 

臨床心理士が不足しています。入院中って病気が病気を生む状態になります。思考もマイナスになって、鬱っぽくなります。心のケアをどの患者さんも受けられるような体制をとってほしい!

病気で入院生活を余儀無くされる患者さんにとって、辛さは計り知れないものがありますよね(。-_-。)

 

痛みは、人の心を弱らせます。

 

病気って、体の一部に支障をきたすだけではないのです。

 

人の体は、体を構成している物全て必要のない物がありません。

 

だから、どこか一部を病むことは、体全体のバランスを崩し、人の心まで蝕んでいきます>_<

 

体と心は常に共にあり、片方のバランスが崩れると、共にバランスを崩しやすくなるのです。

 

心が病むと、体はさらに病んでしまうという悪循環が起こります。

 

心が病むと、免疫力が低下しますし、体の細胞は活性化されません。

 

入院中は、病気になることでマイナス思考になりやすく、鬱病を併発する人も少なくありませんね(;´Д`A

 

病気を治療する上で、自分の免疫力が非常に大事になってきます。

 

鬱病など、体の免疫力を低下させますから、病気の治療の妨げになる要因となりますよね。

 

いくら医療が高度になっても、患者さん自身の治そうとする気持ちがなければ、病気を早期に治すことは出来ないのです( ;´Д`)

 

患者さんが、病気により心まで病んでしまうことのないよう、看護師には患者さんの心のケアが求められています。

 

しかし、現場は業務に追われる一方で、患者さんのベットサイドでじっくり話を聞いたり、心のケアには及ばない状況があります。

 

業務に、ナースコールの対応に、急変対応や、ステルベンの対応と、看護師自身が心に余裕なく働いているのが現状です。

 

患者さんが、病気によって心まで病んでしまうことのないよう、スムーズに治療が行われるような体制は必要ですよね。

 

そのためにも、もっと臨床心理士を増やして患者さん全てが心のケアを受けられる体制を作って欲しいと願いますね(´・Д・)」