看護師単発 ランキング

院内保育園ってどんな感じ?

子育て中の職員が安心して働けるようにと、院内保育園を持つ病院はかなりあります。

 

園での過ごし方、内容は、一般的な保育園とそれほど変わりません。

 

変わるとすれば、病院職員のお子さんしか預けることが出来ないことと、一般の保育園に見られる大きな規模の園ではないことです。

 

院内保育園であれば、送迎の時間がなくなり、自分が出勤するときに一緒に登園して、勤務終了したらすぐに迎えに行くことが出来ます。

 

また、保育士さん達も病院の様子が分かっているので、多少残業があっても大丈夫ですし、融通もきくことが多いと思いますし、病児保育を備えている園であれば、なおのこと、とても助かると思います。

 

なかには職員の子どもしかいないので、うまくいっていない職場仲間のお子さんと自分の子どもが一緒になるのはちょっと辛い、という方もいらっしゃるみたいですが、院内保育園があるのでこの病院に転職した、24時間365日対応してくれる院内保育園のおかげで夜勤も年末年始も安心して働くことが出来た、という声もあります。

 

また、保育士さんも病院の職員になるため、いろいろと話さなくても自分の事情を分かってくださるから、相談しやすいようです。

 

子どももお母さんが働いている同じ場所にいることが、ちょっとした安心につながっているかもしれません。

 

職場仲間のお子さんを知る機会もあるので、職場に良き子育て仲間が出来ますし、共に大きく育っていく姿は、とても嬉しいものです。

 

あと最大のメリットともいえるのが、保育園の保育料が安いことです。

 

民間の保育園だと所得によって変わり、人気のある保育園だと高い保育料のこともありますが、職員のお子さんのための保育園なので、とても安くなっています。

 

子育て中は何かとお金もかかるので、送迎の時間がなくて、保育料が安いのはとても助かりますよ。