同期で入職した看護師はオムツ交換が耐えられないと言い、入職3日で辞めた子がいます・・・。

看護師を目指す理由として、かっこ良くバリバリと働いているといった、 かっこいいイメージをもっている方が沢山いるんですよね。 でも、実際には全く違いますよ。 看護師の仕事は3Kとも言われていますよね。 普通だったら人が嫌がる汚い仕事も沢山あるんです。 それに、仕事内容はとてもハードですよね。 だから、実際に働いてみると、キツイ仕事や汚い仕事が多くて、理想とは全然違ったと思う方も沢山いるんです。 ほとんどの方は、理想と現実とのギャップに苦しんだ経験があると思いますよ。 私と一緒に働き始めた同期で、こんな方がいたんですよね。 なんと、オムツ交換が耐えられないと言って、働き始めて3日目で辞めてしまったんです。 これには、みんながビックリしたんです。 誰でも、実際に働いてみて、仕事の大変さを味わう事になりますよね。 それで、そのようなギャップや壁を乗り越える事で、一人前の看護師に成長する事ができるんです。 それなのに、オムツ交換が嫌だと言って辞めるなんて、そのような方には、看護師の仕事は勤まらないと思いますよね。 病院やクリニック、介護施設など、看護師の働く職場はいろいろありますが、どこに行っても汚い仕事は沢山あります。 簡単な仕事ばかりをしていては、看護師として成長できるとは思えませんよね。 せっかく看護師の資格を取って、これから仕事のやり甲斐や楽しさを見つける事ができるのに、 短期間で辞めてしまうなんて勿体ないですよね。 看護師の仕事は、人の命に関わる仕事ですから、半端な気持ちではできないと思うんですよね。 どんなに辛い仕事でも、汚い仕事でも、一人前の看護師になる為には大事な業務です。 私は、どんな事でも自分の為に頑張って行おうと思ってますね。